HOME > 相続情報の季節通信

相続情報の季節通信

創刊号から2014年発行分は、←をクリックしてご覧いただけます
2015年の発行分はこちらからご覧いただけます。 

2016年の発行分はこちらからご覧いただけます。

2017年の発行分はこちらからご覧いただけます。

創刊号のご紹介

日ごろよりお世話になっている方に、役立つ情報を発信したいと思い、
この「季節通信」を始めました。
誌面として発行しているものですが、 WEBサイトでも、
これから、定期的に「季節通信」の内容の一部を、 お届けしたいと考えています。

相続手続支援センター横浜駅前の近況連絡

◆お正月と新年のスタート

私と妻の両家を訪問し、 その後ゆっくりと過ごしていたお正月が遠い昔のようです(笑)。
今年2014年といえば、みなさんは、何を想像されるでしょうか?

 

私は、なんといってもサッカーのワールドカップです。
昔サッカー部に所属していましたので、 2002年の日韓共催大会のときは、
日本の試合をすべてテレビ観戦しました。仕事をちょっと休憩してまで(笑)。
日本代表のブラジルでの活躍を心待ちにしています。

 

◆「季節通信」の継続を目標に

今年一年、自分、そしてスタッフ一同が健康に過ごし、
きちんと一年仕事をし、それと並行し、
この「季節通信」を年4回発行できるよう、がんばっていきます。
そして、ご覧頂いている方に、満足していただければうれしく思います。

◆2014年(平成26年)始動

◆毎年の行事

 

ここ3年くらい、
毎年1月初めにやっていることがあります。
それは、数日間、ホテルや旅館にこもることです。
日常を離れることで、頭の中を一度リセットして、
一年の目標・計画を立てたり、今後のことを考えたり、
普段やりたいけれど、後回しにしていたことなどをしています。

 

 

 

原田隆史さんという元公立中学校教師がいらっしゃいます。
この方は、顧問をしていた陸上部を、7年間で13回の日本一に導きました。
2000年の男女砲丸投げアベック優勝は全国初で
「松虫の奇跡」として知られています。

 

この原田氏は、次の言葉を残しています。
『ものごとを習慣化する際に一番重要なことは、
「なぜ自分はこれをやるのか」、その目的と目標をはっきりさせることです。
漠然と早起きしようと思うだけでは、まず続きません。

たとえば、
「語学の能力で社会の役に立ちたい」という目的があり、
それが
「英検資格を取得する」という目標につながり、
「だから1日5時間の勉強が必要だ」
「そのためには、朝2時間を勉強にあてよう」
といった理由と流れがあってはじめて、
自分が納得し、継続する意欲が湧いてくるのです。』

 

 

以前、私は、この方の話を聞く機会があり、
それ以来、1年の初めに、その年の目標などを考える期間を設けるようになりました。
どの程度、その効果を出しているのか自分では何ともわからない所ですが、
普段とは違う環境に身をおくことで、思考を整理しやすいと感じています。

追伸

「わからないことがある」「個別のアドバイスがほしい」

などとおっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

相談は無料で行っています。

無料相談をご利用になり、信頼していただき、

結果として手続をおまかせいただければ幸いですが、

実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。

当センターとしては、それでもかまわないと考えています。

「相続手続支援センター横浜駅前」という存在を知っていただくことが、

とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「業者のいうことだから・・」と思われる方も

いるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター横浜駅前の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ