HOME > 前妻の子と相続のこと

夫が生前に、前妻との間にもうけた子どもには、相続放棄してほしい

このページでは、亡くなったご主人と前妻との間に子どもがいらっしゃり、
その子も亡き夫の相続人になるご家族のことについて、
お伝えをさせていただいています。 

相続関係者

関係者 
被相続人の妻(山田 等子さん)
被相続人の子(山田 一男さん) 

被相続人の前妻の子(山田 相子さん) 

※すべて仮名です。

相続手続支援センターへの依頼のきっかけ

御主人山田太郎さんを亡くしてまもなく、
等子さんは、某相続専門の会社に手続きを依頼しました。

 

ところが、提示された見積もり金額に納得できず、
また、親身な感じを受けないという理由で、
等子さんは、 その某相続専門の会社への依頼を断り、
相続手続支援センターに相談へいらっしゃいました。
相続手続支援センターの手続き前の見積もり提示と、
サービス内容の説明を受け、
等子さんは、大変わかりやすく親切であると感じ、 手続きを依頼されました。

相続を放棄してほしいという想い

手続きを進めるにあたり、
等子さんは、御主人の前妻の子、
山田相子さんに相続放棄をしてもらいたいと考えていました。

 

そこで、等子さんは、
相続手続支援センター経由で、
山田相子さんあてに次のことを伝えるとともに、
誠意を伝えるため、預金や借金の残高証明を送りました。

 

1  自宅の名義は、確かに亡くなった夫である。
  しかし、長年に渡って、夫と一緒に会社を運営して得たお金で建てた家であり、
  実質は夫婦で築いた共有の財産であること。
  この自宅を仮に手放すと、住む家を失うので、渡せないこと。

2 夫の借金も相続していて、その返済原資である現金を渡すことができないこと。

相続手続を進めた結果

等子さんは、
その後、 相続手続支援センターからの報告により、
『山田相子さんは、快く相続放棄を承諾し、
家庭裁判所による、相続放棄の手続きを行い、
山田相子さんは、相続放棄の受理証明書をセンターに送られた』
ことを知りました。

 

その後、 ご自身の息子さんと遺産分割協議書を作成し、
不動産の名義書き換え、抵当権の抹消手続きを行い、
無事に手続きを完了させました。

相続手続、本件の解決のポイント

相続手続支援センターが、
山田相子さんのお気持ちに配慮しつつ対応したことでしょう。
結果、等子さんは、山田相子さんより、
相続にまつわる家族の状況につき、 ご理解とご協力を得られました。

追伸

「わからないことがある」「個別のアドバイスがほしい」

などとおっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

相談は無料で行っています。

無料相談をご利用になり、信頼していただき、

結果として手続をおまかせいただければ幸いですが、

実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。

当センターとしては、それでもかまわないと考えています。

「相続手続支援センター横浜駅前」という存在を知っていただくことが、

とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「業者のいうことだから・・」と思われる方も

いるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター横浜駅前の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ