アーカイブ: 2011年2月

相続人が困らないように遺言を!

遺産を相続できないと困る人がいる場合、遺言がとっても重要です

お父さんが亡くなり、
相続人は長男、次男、三男の3人。
そして、長男は認知症、
次男意識はしっかりしているけれど、
下半身が動かず車椅子の生活という家族でした。

三男は兄二人の介護をしてあげたいが、経済的に厳しい。
だから、遺産を相続して、それで介護費用を出そうと考えていた。
“相続人が困らないように遺言を!” の詳細は »

気軽に相続手続支援センターに相談をどうぞ

お身内をなくされいろんな思いに気持ちが揺れる時期だと思います。相続の手続きのご負担は専門家に任せることで軽くできます。