アーカイブ: 2013年6月

川崎の駅前の支店で相続の相談を承ってきました

川崎で、相続の相談をいただき、やる気満々で一日を終えました。

相続手続支援センター川崎駅前支店に来所いただき、
相続の相談を承りました。

横浜で約3年前に横浜駅前支部を開設し、
川崎駅前でも
サービスを提供したいという思いから、
川崎駅前にも相続手続支援センターの支店を開設したのが、 つい先日のこと。
“川崎の駅前の支店で相続の相談を承ってきました” の詳細は »

父の日と相続について我が家のことを考えた

家族の絆の強さを相続するには、毎日の家族生活が大事なのでしょう

父の日ということで、
甚平を送りました。

というと、
聞こえはいいのですが、
実は、
5月下旬の父の誕生日に、プレゼントを贈るのをすっかり忘れており、
父の日を口実に送ったのです(笑)
“父の日と相続について我が家のことを考えた” の詳細は »

相続税は、赤字税らしいです。

相続税は、超赤字税金で、税収よりも、税務署職員の人件費の方が圧倒的に高くついてしまうらしいです。

相続税は、
国の税金収入に全く貢献していない、赤字税、
らしいです。

 

とある、元税務署職員さんの税理士より聞いた話です。

相続税は、仕組みが複雑で、
相続税を徴収する人、
税務調査する人、
これら税務署の人員を多く必要とするようです。
“相続税は、赤字税らしいです。” の詳細は »

遺言があっても、相続でもめる家族

遺言の目的は、家族円満、遺言は、家族へ向けての最後のラブレター、のはずが・・・。遺言を巡って、相続人が争うとは!悲しいことだと思います。

相続手続支援センター横浜駅前では、
遺言に基づいて、相続手続きを進めていくことも多くあります。

その中で、
遺言があるのに、相続人同士でもめてしまうケースがあります。

私は、
遺言の目的とは、「家族円満な相続」と考えています。
遺言の内容をめぐって、相続人同士がもめるのでは、
遺言の目的を果たしていないと感じてしまい、悲しくなります。
“遺言があっても、相続でもめる家族” の詳細は »

気軽に相続手続支援センターに相談をどうぞ

お身内をなくされいろんな思いに気持ちが揺れる時期だと思います。相続の手続きのご負担は専門家に任せることで軽くできます。