相続放棄と財産の放棄葉似ているけれど違います

相続放棄と財産放棄、
似た単語ですが、
内容はぜんぜんちがいます。

ご存知でしょうか?

相続放棄は、
法律上相続人ではなくなる手続で、
裁判所で手続きする必要があります。

借金の方が資産より多い場合など、
相続放棄することで、借金も資産も相続する権利も義務もなくなります。
(はじめから相続人ではなかったことになるので当然ですが・・・)

財産放棄は、
相続人同士の 話合いによって、
特定の方が他の相続人の方に向け、
「自分は相続する財産なしでいいですよ」と
財産を放棄することです。

長男が事業を承継する場合の次男の財産放棄、
前妻との間の子で、
ずっと会っていないいない父親を亡くした際の、
財産放棄はよくあります。

どちらの手続きをとるかで、
いろいろなところで違いが出ますし、
相続人同士がどちらの意味で「●●放棄」という言葉を使っているのかがかみあっていないと、
後々トラブルになりかねません。

相続放棄と財産放棄
注意が必要ですね。

 

«
»
 

気軽に相続手続支援センターに相談をどうぞ

お身内をなくされいろんな思いに気持ちが揺れる時期だと思います。相続の手続きのご負担は専門家に任せることで軽くできます。