iphoneと相続手続支援の歴史について

少し昔の2008年のことです。

最初にiPhoneが世に出たばかりのころ、iPhone3を衝動買いしました。
当時10年以上使っていたドコモとお別れしてまでです。

使ってみると、
確かに楽しい感じでした。
大人のおもちゃって感じです。

でも、
明らかにおもちゃの方にもてあそばれてる感があるんです。

買ったばかりのある日、iPhone3を買って1週間の知人に会いました。
その時点では、
まだ私のほうが使えてる空気でした!(かなり僅差ですが)

その1週間後、
2人の差はいかんともしがたい状況に。

例えるなら、
F1マシンと亀
かめはめ波とミッキー・ロークの猫パンチ(ふるすぎるか?)
猫とねずみ
ミッキーマウスとマウスパッド
位の差が。。。
もちろん、わたしが後者のほうです。

ドコモをとても恋しく感じた一日でした。

いまは、
iPhone6を自分なりに使いこなしています。
アプリとやらも、何個かダウンロードしています。
iPhoneなど、携帯電話の相続手続も知っています。

少し、成長を感じるひと時でした。

«
»
 

気軽に相続手続支援センターに相談をどうぞ

お身内をなくされいろんな思いに気持ちが揺れる時期だと思います。相続の手続きのご負担は専門家に任せることで軽くできます。