電車の電光掲示板はウソが安全

きのう、
東急東横線の日吉駅で電車をまっていると、
「ホームからの転落事故が多発しています。お気を付けください」
とアナウンスの流れているのを耳にしました。

ホームには、電車が止まった時だけ開く、電動の柵がついています。
どうやったら線路内に転落するのだろうか?と不思議に思いました。
とはいえ、
いろんな危険があるのでしょうから、気を付けるに越したことはないですね。

電車つながりで、
私が通勤につかっている横浜市営地下鉄についてです。
いつも使っている駅では、
構内に入ると、改札があります。改札のすぐ先の上の方には、電光掲示板があります。
ここには、次の電車と次の次の電車の発車時刻が掲示されています。
多くの駅もこんな景色でしょうから、想像くださるかたもいらっしゃるかもしれません。

最近、こんなことがありました。
正確に言うと、かなり前から気付いていたのですが、
また遭遇しました。
あさ、少し家を出るのが遅くなってしまった時のことです。
急いで駅までいき、改札の手前から遠めにその奥にある電光掲示板を見ると、
次の電車まで10分近くあります。きっと、電車がたった今でてしまったのだろう、
こう思い、仕方なくゆっくりとホームに向かいました。

すると、
ホームに向かう階段を下りている途中で、電車が発車するのを見たのです。
えっ?次の電車は10分近くさきだったはずでは?
わたしは一瞬何が起きたのか理解できませんでした。

実は、
改札のところにある電光掲示板に仕掛けがあるんです。
次の電車の発車までたぶん1~2分を切ると、もう表示しないようなんです。
なかなか考えられた安全対策だと妙に納得しました。

あと1分で発車だと改札の手前で知ると、
急いでいる人は走りますもんね。

わたしなら、確実に走ってしまいそうです。

何度かこの仕組みにひっかかり(いや、仕組みの効果のおかげで)、
階段をゆっくり歩いている途中で電車の発車を目にしたことがあります。

さすがに最近なれてきて、
改札の手前で次の電車まで時間があるようなら、
実は走ると間に合うのでは?
と思い、走ってみようかとも考えてしまいます。
とはいえ、
走ったところで、間に合うとも限りませんし、
そもそも、あと1~2分で来る電車が本当にあるかどうかもわからないわけで、
走ったことはまだないです。

市営地下鉄さん、
いい安全対策の一つだと個人的に思っています。

すこしだけ真面目に話しますと、
電車事故などでいのちをおとしてしまうと、
家族は心の準備をすることができません。

気持ちの整理をするのがとても大変です。
相続の手続きをするのも、つらくてたまらないものになってしまいます。

これから、忘年会シーズンです。
安全に電車にのって帰るように自分も気を付けようと思います。

«
»
 

気軽に相続手続支援センターに相談をどうぞ

お身内をなくされいろんな思いに気持ちが揺れる時期だと思います。相続の手続きのご負担は専門家に任せることで軽くできます。