人気の町といわれる横浜です

パレードで横浜を開港時のアメリカ人になる

わたしたちは、みな親戚です、ずっとたどれば血はつながるから。使い古されたフレーズかもしれませんが、本当にそう感じるときもあります。

記念写真をアップさせてください!
5年前の写真です。

↓時は1859年(150年前)横浜港開港時の、アメリカ兵です。
“パレードで横浜を開港時のアメリカ人になる” の詳細は »

相続税は、赤字税らしいです。

相続税は、超赤字税金で、税収よりも、税務署職員の人件費の方が圧倒的に高くついてしまうらしいです。

相続税は、
国の税金収入に全く貢献していない、赤字税、
らしいです。

 

とある、元税務署職員さんの税理士より聞いた話です。

相続税は、仕組みが複雑で、
相続税を徴収する人、
税務調査する人、
これら税務署の人員を多く必要とするようです。
“相続税は、赤字税らしいです。” の詳細は »

遺言があっても、相続でもめる家族

遺言の目的は、家族円満、遺言は、家族へ向けての最後のラブレター、のはずが・・・。遺言を巡って、相続人が争うとは!悲しいことだと思います。

相続手続支援センター横浜駅前では、
遺言に基づいて、相続手続きを進めていくことも多くあります。

その中で、
遺言があるのに、相続人同士でもめてしまうケースがあります。

私は、
遺言の目的とは、「家族円満な相続」と考えています。
遺言の内容をめぐって、相続人同士がもめるのでは、
遺言の目的を果たしていないと感じてしまい、悲しくなります。
“遺言があっても、相続でもめる家族” の詳細は »

当センターの相続の全体研修に横浜駅前支部も参加しています

相続手続支援センターは、全国組織なので、ノウハウを常に共有し、最新の情報を入手できます。

相続手続支援センター全国全体研修での発表

相続手続支援センター全国全体研修での発表

 

相続手続支援センター全体研修の様子

相続手続支援センター全体研修の様子

 

相続手続支援センターでは、1年に2回、全国の支部が集まり、
2日間に渡り、
全体研修を行っています。

その様子をアップしてみました。

全国の支部から、
“当センターの相続の全体研修に横浜駅前支部も参加しています” の詳細は »

相続を依頼する専門家のえらび方

相続専門相談員がいるかいないかで、相続手続きを任せられる事務所を判断できます。

相続に直面したとき、
ひとによっては、自分ですべてやろうと思うでしょう。

また、ある人は、専門家に頼むことを考え、
税理士?
司法書士?
行政書士?
弁護士?
はたまた・・・
といった具合に、だれに頼んだらいいのか判断しかねるかもしれません。
“相続を依頼する専門家のえらび方” の詳細は »

« 過去の記事
 

気軽に相続手続支援センターに相談をどうぞ

お身内をなくされいろんな思いに気持ちが揺れる時期だと思います。相続の手続きのご負担は専門家に任せることで軽くできます。