相続手続はまず戸籍を取得することから始まります3

自分の戸籍に興味があれば、所得してみてはいかがでしょうか。 除籍や、改製原戸籍はすでに除かれた戸籍ですので、発行された日付が何年前のものでも、 相続手続に使用できます。 終活のひとつとして準備できることの一つですね。

前回、婚姻の際に苗字が変わらない夫または妻が
筆頭者になると書きました。しかし、この場合のみでは
ありません。
“相続手続はまず戸籍を取得することから始まります3” の詳細は »

節分の豆まきで無病息災を願います。

日本には季節に合わせた行事がいろいろとあります。 もうすぐやってくる節分の豆まきもその一つです。 その由来や意味を知ると、豆まきに込めた思いや願いも違ったものになります。

つい先日新しい年になったと思ったのに、
あっという間に1月が終わってしまいました。
本当に時間が経つのは早いです。
“節分の豆まきで無病息災を願います。” の詳細は »

海外在住者の場合、印鑑証明書の代わりとなるものがあります。

海外に在住していて日本に住民票がない場合、印鑑証明書を発行してもらうことができません。 その代わりとなるのが署名証明です。

11月も半ばとなりました。
だんだんと朝の冷え込みが厳しくなってきましたが、
今年は暖冬になる可能性が高いようです。

暖かい冬はありがたいですが、
半面、農作物に影響することもあるので、
手放しでは喜べないですね。
“海外在住者の場合、印鑑証明書の代わりとなるものがあります。” の詳細は »

相続手続はまず戸籍を取得することから始まります2

戸籍は日本国籍をもつ日本人であることの証明であり、親族関係を証明するものです。 普段は意識をせずに生活できますが、相続が発生した場合、まずは戸籍が必要です。

日本国籍がある人には、必ず戸籍があります。
戸籍がある場所を本籍地といいます。
戸籍は本籍地と筆頭者で特定します。
“相続手続はまず戸籍を取得することから始まります2” の詳細は »

今年も無事に命がつながりました。

今年もまたカブトムシが次の世代へと受け継がれる季節がきました。 8月の終わりの時点ですでに大きな幼虫へと育ち、 来年、成虫への羽化が楽しみです。

前回我が家にいる三代目のカブトムシたちのお話をしました。

今回はその続きです。

今年も次の世代へと命の相続がされるのか見守っていましたが、
さてその結果は…
“今年も無事に命がつながりました。” の詳細は »

相続手続はまず戸籍を取得することから始まります

明治時代の戸籍には、生年月日が「安政」「万延」「文久」という年号がよく出てきます。 この幕末といわれる時代の年号を見ると、「西郷どん」がそう遠くない時代なのだと感じます。

相続手続に必ず必要な戸籍ですが、必要書類というだけではなく、
戸籍は家族の歴史や人間模様、時代背景が読み取れるのです。
“相続手続はまず戸籍を取得することから始まります” の詳細は »

早いもので今年の夏で3世代目になります。

我が家には今年で3世代目になるカブトムシたちがいます。 今まさに、その一生を謳歌している最中です。 また次の世代へとそれが受け継がれるのかを見守っています。

早々に梅雨明けしたと思ったら、
ここのところ雨の日が続いていますね。
各地で記録的な大雨も降っているようで心配です。
“早いもので今年の夏で3世代目になります。” の詳細は »

« 過去の記事