海外在住者の場合、印鑑証明書の代わりとなるものがあります。

海外に在住していて日本に住民票がない場合、印鑑証明書を発行してもらうことができません。 その代わりとなるのが署名証明です。

11月も半ばとなりました。
だんだんと朝の冷え込みが厳しくなってきましたが、
今年は暖冬になる可能性が高いようです。

暖かい冬はありがたいですが、
半面、農作物に影響することもあるので、
手放しでは喜べないですね。
“海外在住者の場合、印鑑証明書の代わりとなるものがあります。” の詳細は »

相続手続はまず戸籍を取得することから始まります2

戸籍は日本国籍をもつ日本人であることの証明であり、親族関係を証明するものです。 普段は意識をせずに生活できますが、相続が発生した場合、まずは戸籍が必要です。

日本国籍がある人には、必ず戸籍があります。
戸籍がある場所を本籍地といいます。
戸籍は本籍地と筆頭者で特定します。
“相続手続はまず戸籍を取得することから始まります2” の詳細は »

今年も無事に命がつながりました。

今年もまたカブトムシが次の世代へと受け継がれる季節がきました。 8月の終わりの時点ですでに大きな幼虫へと育ち、 来年、成虫への羽化が楽しみです。

前回我が家にいる三代目のカブトムシたちのお話をしました。

今回はその続きです。

今年も次の世代へと命の相続がされるのか見守っていましたが、
さてその結果は…
“今年も無事に命がつながりました。” の詳細は »

相続手続はまず戸籍を取得することから始まります

明治時代の戸籍には、生年月日が「安政」「万延」「文久」という年号がよく出てきます。 この幕末といわれる時代の年号を見ると、「西郷どん」がそう遠くない時代なのだと感じます。

相続手続に必ず必要な戸籍ですが、必要書類というだけではなく、
戸籍は家族の歴史や人間模様、時代背景が読み取れるのです。
“相続手続はまず戸籍を取得することから始まります” の詳細は »

早いもので今年の夏で3世代目になります。

我が家には今年で3世代目になるカブトムシたちがいます。 今まさに、その一生を謳歌している最中です。 また次の世代へとそれが受け継がれるのかを見守っています。

早々に梅雨明けしたと思ったら、
ここのところ雨の日が続いていますね。
各地で記録的な大雨も降っているようで心配です。
“早いもので今年の夏で3世代目になります。” の詳細は »

毎週月曜日の夜に通ってます

ヨガの帰りは、誘惑に負けずにまっすぐ家に帰ることにしています。 なかなかこれが難しいのですが。。

2月からホットヨガに通いだしました。
社会人になってからは、まったく運動らしいことをしていませんでした。
ずっと運動不足も気になっていましたが、
“毎週月曜日の夜に通ってます” の詳細は »

五月人形を飾る時期になりました。

我が家では毎年2月から5月は雛人形と鎧兜の人形飾りの出し入れが連続し、 季節の移り変わりの早さを実感しています。

桜もすっかり葉桜となり、新緑の季節がやってきましたね。
本格的に暑くなる前のこの短い一時が
一年で一番過ごしやすい季節ではないかと思っています。
そして、それと同時に今年も五月人形を飾る時期になりました。
“五月人形を飾る時期になりました。” の詳細は »

金融機関の相続担当者でも、知らないことがある。

わたしたち、相続のスタッフは、みなさまからのご依頼をうけ、金融機関の相続手続きを代行します。

度々起こる、金融機関の相続担当者に
分かってもらえず、手続きをすすめることが困難な状況になることがあります。


“金融機関の相続担当者でも、知らないことがある。” の詳細は »

« 過去の記事