節分の豆まきで無病息災を願います。

つい先日新しい年になったと思ったのに、
あっという間に1月が終わってしまいました。
本当に時間が経つのは早いです。

さて、もうすぐ「節分」ですね。
節分といえば、2月3日を指しますが、
本来節分というのは「季節を分ける日」を意味し、
立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日 に
1年に4回あったものだそうです。
日本では春が1年の始まりとして重んじられていたので
次第に節分といえば立春(2月4日)の前日である
2月3日だけを「節分」と呼ぶようになったようです。

節分には豆まきをしますが、
これは、昔、鬼が出たときに
大豆を鬼の目に投げつけて退治することができたという
言い伝えが由来します。
豆を「魔の目(魔目=まめ)」に投げつけて
「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じているということですね。

ちなみに豆まきに使う豆は炒ったものを使いますよね。
これも、火を通さず生の豆を使い、
拾い忘れて芽が出てしまうと、縁起が悪いからというのが理由です。

毎年、当たり前のように「鬼は外~」「福はうち~」と
豆まきしていましたが、
今更ながら改めて由来や意味をちゃんと知りました。
今年はこどもたちにもそんな日本の行事の意味を
ちゃんとお話ししながら、豆まきしたいと思います。

«