筆頭者

相続手続はまず戸籍を取得することから始まります2

戸籍は日本国籍をもつ日本人であることの証明であり、親族関係を証明するものです。 普段は意識をせずに生活できますが、相続が発生した場合、まずは戸籍が必要です。

日本国籍がある人には、必ず戸籍があります。
戸籍がある場所を本籍地といいます。
戸籍は本籍地と筆頭者で特定します。
“相続手続はまず戸籍を取得することから始まります2” の詳細は »