早くやらないよりは、やったほうが良いと感じること。

今日の日中は、四月並みの気温で、
上着は、要りませんね!

とはいえ、
夜はまた、冷え込むそうなので、
みなさま、体調を崩されませんように。

さて、
私ども相続手続支援センター横浜駅前・川崎駅前・藤沢駅前では、
年に4回、通信紙を発行しています。

その中に、相続のスタッフが発信するコーナーがあります。

先日発行した中で、間違えやすい相続手続のことについて、
書かせていただきました。

その内容にちょっと関わるような話をしたいと思います。

相続の手続きは、10ヶ月以内に、やらないといけない。
と、思われている方がいます。

10ヶ月以内にやらないといけないのは、
相続手続のうち、相続税の申告のことです。

ですから、
私どものところに、ご相談にお越しになられた方の中では
2年も3年も前にお亡くなりになられた方の
相続手続をされていない方もいらっしゃいます。

お亡くなりになられたときのご相続人さんが
今もお元気にしていらっしゃれば、
問題はないかもしれません。

しかし、
ご相続人さんがお亡くなり、あらたに相続が発生して、
相続人さんが増えたり、連絡をとったことが無い方だったり、
また、認知症を発症されてしまった方が居たりしますと、
費用も、時間も、随分とかかってしまいます。

大切な方を亡くされ、手続のことなど考えられないとお思いの方が、
たくさんいらっしゃると思います。

そのようなときは、
わたくしどものような、相続の手続の専門家に
ご相談くださればと思います。

«