HOME > ご相談事例 > 遺産分割の話し合いに、成年後見人が必要

遺産分割の話し合いに、成年後見人が必要

事例8 遺産分割協議に成年後見が必要

前提

Aさんがなくなり、相続人は兄弟の3人でした。
しかし、Aさんの相続人の一人Bさんはすでに亡くなっており、
代襲相続が発生しておりました。Bさんには、4人の子供がおり、
そのうちの一人Cさんは、現在、判断能力が著しく低下しており、
意思の疎通が困難な状況であるため、施設に入所しております。

経緯

Aさんの相続財産は、銀行口座にいくばくかの預金があるのみです。
話し合いの末、Dさんが相続するということになり、
銀行におろしに行ったところ、
相続人全員の署名と実印の押印を求められました。

 

そこで、Cさんの状況を説明したところ、成年後見を立てて欲しいと言われ、
Bさんの子供Eさんが相談に来られました。

ポイント
  • 成年後見は、
    被後見人が亡くなるまでの財産管理・身上監護を代理人として行うことが前提のため、
    相続手続きが完了したら成年後見業務が終わるわけではない。
  • 専門家を成年後見人に選任すると、専門家への報酬がかかる。
  • 相続人を成年後見人に選任すると、利益相反になるため、遺産分割協議に関し、
    特別代理人あるいは、成年後見監督人が必要になる。
  • 成年後見の申立て手続きには、時間がかかる。裁判所によっては、
    申立をするための予約が必要になり、
    忙しい裁判所では1カ月先になることもよくある。
結果

早く手続きを完了させたかったEさんにとっては、
手続きに時間がかかるということで非常に驚いておられましたが、
Bさんの息子さんが成年後見人になるということで、話しがまとまりました。

 

成年後見人を誰にするかという問題は、
今後、多く発生してくることだと思われます。
被後見人の今後の人生を左右するだけに、
候補者を選ぶ際には慎重に検討する必要があります。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ