HOME > ご相談事例 > 故人さまの生活と手続きの事例 > 上場株とされていない株の手続

上場株とされていない株の手続

主人公 戸田さん(故人さまのお嬢さま)

株式の相続手続き

戸田さんは一人娘さんで先日お亡くなりになった

お父様(奥様はすでに離婚されているため相続人は

戸田さんになります)の相続で株式の名義書き換えについて

相談にこられました。

 

株券には証券取引所で上場されている株と上場されていない

株があります。(これを未上場とよびます)

 

上場されていない株については当該会社に相続が

発生した旨を通知すると名義変更書き換えを行う

ことができます。上場株においては証券会社や

信託銀行に口座を開設して売買されています。

 

株券の電子化制度により株券現物がありませんので

証券会社等へ口座名義変更の手続きをします。

端株や取引単位未満の数量の株式

端株や取引単位未満の数量の株式については

信託銀行にておこないます。戸田さんの通帳の入金にも

「配当」となっている少額の入金が確認できましたので

振込先を確認して名義変更を行うように当センターでも

アドバイスしました。

 

上場株券の存在の有無は証券会社の取引明細や

残高明細などの郵便物が重要な手がかりとなります。

 

株券の現物が出てきたときにはその株券の会社の

事務代行窓口である信託銀行で相談するのが有効です。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ