HOME > 相続かわら版 > 相続税について > 相続税を払わないために、相続税の申告をする!

相続税を払わないために、相続税の申告をする!

相続税とは

相続時に、故人が持っていた財産(相続財産)に対しかかる税金です。

財産を引き継いだ方が、相続税を払います。

 

相続税は、相続財産が一定の額(平成27年時点で、相続人3人の時は、4800万円)

を超えているときに課税されます。

逆に言えば、相続財産が一定額より少なければ、

相続税はかかりません。

相続税の支払い義務はないけれど、相続税の申告をした方がいい方。

特例を使うことで、

相続財産の額が、基礎控除額以下になる方。

このような方は、

相続税の申告をした方が絶対にいいです。

 

 

たとえば、

相続人3人で、

相続財産は、マイホームのみ。

このマイホームは、税法上、1億円の評価だとします。

 

本来、相続税を支払う義務があります。

 

でも、

相続財産の額を計算するとき、

マイホーム用の土地と建物の価格を、

特例を使うことで、

約80%減額することができる場合があります。

この特例を

「小規模宅地等の特例」といいます。

 

この特例を使えば、1億円のマイホームが、

2000万円です。

これなら、

相続税はかからなくなります。

 

この特例を使うには、

条件があります。

相続税の申告を、決められた期間内に済ますことです。

 

 

きちんと申告し、特例を使っていれば、

相続税はかからなかったのに、

 

相続税の申告をしなかった、

期限を過ぎてしまった、

とすると、

特例が使えなくなり、

後になって、税務署から相続税を課税されてしまうのです。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ