HOME > 相続かわら版 > 相続人についての記事 > 非嫡出子の相続分についての裁判2013

非嫡出子の相続分についての裁判2013

非嫡出子とは

非嫡出子とは、
婚姻関係にない男性・女性との間に生まれた子どものことです。

 

逆に言うと、
婚姻関係にある男性・女性(つまり夫婦)との間に生まれた子は、
嫡出子です。

非嫡出子の相続分は?

非嫡出子の相続分は、
嫡出子の半分です。

 

たとえば、
亡くなった藤子さんに、
子が2人いるとします。

一人は、婚姻していない男性との間に生まれた、悟さん
一人は、婚姻した男性との間に生まれた、孝さん

 

悟さんの相続分は、藤子さんの遺産の、1/3
孝さんの相続分は、藤子さんの遺産の。2/3
です。

非嫡出子の相続分は今後どうなっていくか?

2013年、
非嫡出子と嫡出子の相続分を異にする民法の規定を、
「憲法違反」と裁判所が判断しました。

 

憲法は、
法律の下ではだれもが平等である、
と国民の権利を明示しています。

 

これに、
違反している法律だと裁判所は判断したのです。

 

憲法によって確保されている権利を、
法律で奪うことはできません。

裁判所が出した判断を受け、
立法を担当する国会は、
法律を改正する必要があるでしょう。

 

それが、三権分立(立法、行政、司法の独立)というものだからです。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ