HOME > 遺産分割協議書 > 実際の遺産分割協議の相談の例 > 実家を維持できない話し合いになる

実家を維持できない話し合いになる

主人公 山本 節子さん(相続人 長女)

    山本 みささん(相続人 次女)

    山本 ゆかさん(相続人 三女)

関係者 山本辰三さん(被相続人 3姉妹のお父様)

3姉妹が遺産分割協議で意見をことにする

山本さん3姉妹はお父様の辰三さんが亡くなられて

相談に見えました。

 

資産はご自宅のほか、先祖から継承されている田畑と銀行預金です。

3姉妹が遺産分割について協議すると、

おのおの思惑をことにしていていました。

 

節子さんはすべての財産を3人均等にといいます。

みささんとゆかさんは遺産すべてを金額に換算して、

その3分の1に相当する分を現金で相続したいといいます。

 

とはいえ、

遺産の中で不動産の価値の占める割合が大きいのです。

不動産を誰かが相続すると、

3分の1に相当する現金は遺産に残りません。

 

3人で行う遺産分割協議は平行線をたどりました。

 

結局は節子さんが折れて、

不動産を売却し、

すべての遺産を均等に分割することになりました。

不動産を維持することができなくなりました

節子さんは、
先祖から受け継がれてきた不動産を維持することができなかったことに、

心を痛めました。

 

被相続人の辰三さんのご意志はどうったのかと、

節子さんはおっしゃっていました。

 

生前に遺言があったら、

遺言がなくても、

3姉妹とのコミュニケーションが辰三さんのご健在のときから、

あったとしたらどうだったのか、

節子さんの言葉がとても響いていました。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ