HOME > 遺産分割協議書 > 実際の遺産分割協議の相談の例 > 勘当された次男と遺産分割協議

勘当された次男と遺産分割協議

主人公 武田智也さん(長男、相続人)

関係者 武田孝雄さん(被相続人、智也さんの父)

          武田直子さん(故人の配偶者)

    武田信弘さん(二男、相続人)

音信不通の弟がいる場合の相続

武田智也さんはお父様の孝雄さんが亡くなり、

相続人はお母様(配偶者)の直子さん、弟さんの信弘さん

です。

智也さんは弟の信弘さんは、
父である孝雄さんから勘当され35年前に家を出て以来、
音信不通とのことでした。

 

智也さんの依頼で、

当センターで信弘さんの住所を調べて訪問し、

孝雄さんがお亡くなりになった事実と、

智也さんが連絡を取りたいと言っていたことを伝えました。

 

しかし、信弘さんと孝雄さんの確執は孝雄さんの亡くなった今も消えず、

信弘さんからの協力を一切得られません。

相続手続きがスムーズにいかないことも

協力をいただくまで、

なんどもお手紙を送ったり訪問をしたりし、

半年たったころに、ようやく協力をいただけるようにありました。

 

智也さんらのように、

何十年も連絡を取っていない方同士が相続人になる場合には、

まず連絡を取ることが大変です。

またとれたとしても、相続手続きに協力いただけないことがあります。

相続手続きはお金が絡みますので、繊細な面をもっています。。

 

備えとして、

遺言によって相続財産を誰に相続させるのかをあらかじめ指定しておく事ができます。

公正証書遺言なら、相続人全員で話し合うことも署名押印の必要もなくなります。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ