2014年の第3号

はじめに

暑中お見舞い申しあげます。
みなさま、7月をいかがお過ごしでしょうか?
「7」といえば、今年の5月で私は起業7年を迎えました。

 

スタッフと一緒に、オフィスの近所のイタリアンでお祝いをしました。
店長が1人で切盛りする、10人ちょっと入ると満席の、
アットホームなこだわりのあるお店です。

 

スタッフも楽しいひと時を過ごしてくれたようで、ほっとしています。
お酒の頼みすぎで予算オーバーし、ひやひやしながら会計をしましたが。。。
今月の7日は、起業後7回目の7月7日で、強引ですが、『777』の日でした。
そこで、今月の季節通信を「ラッキー」をテーマに書きたいと思います。

サッカーワールドカップ

4年に一度のサッカーワールドカップがブラジルで開催されましたね。
決勝トーナメントでの日本代表の活躍を見たかったという思いはありますが、
ワールドカップで日本代表の試合を見られるのは本当にすごい!
こう私は思います。

 

幼いころ、ワールドカップは、ヨーロッパと南米のサッカーを見るものでした。
日本が出場するなど考えられない時代でした。
その後、日本はプロのサッカーを作り、
サッカーのレベルを上げ、アジアの強豪になりました。


ドーハの悲劇を経て、フランス大会で初出場を果たし、
その次は日本開催でした。日本サッカーの歴史の転換期をまさに体験していると思うと、
ラッキーだなぁと思わざるを得ません。
少し、マニアなことまで書いたかもしれませんが、
ご容赦ください、熱くなっています(笑) 

日経マネーで紹介いただきました

5月号と6月号の2回にわたり、
当センターとパートナーの司法書士法人アミーズ藤沢事務所が日経マネーに掲載いただきました。
「相続登記を自分でやって節約をする」
というテーマの記事を監修させていただきました。

 

私たちは、相続の手続きの代行をご依頼いただき、
料金を頂戴している立場です。
『なんで、矛盾するテーマを監修しているだろう?』
と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

これには、理由があります。
それは、いくつかの条件に当てはまる方は、
ご自身で手続きされた方がメリットを享受できることもあるからです。
また、全国誌で取り上げて頂くのを、とてもうれしく思うからです(笑)

 

つい、数箇所のコンビニや書店でおいてあるか確認してしまいました。
さらに、7冊も購入してしまいました!
監修の依頼をいただいたきっかけは、
当センターのWEBサイトでした。
こちらをご覧いただいた日経マネーの担当の方がご連絡をくださいました。
数ある相続に関するWEBサイトの中から当センターを発見してくださり、
そして連絡を下さり、ラッキーなご縁でした。

セミナーの開催のご案内

来月、再来月とセミナーでお話をさせて頂く予定です。
8月下旬  第一生命さんの主催する
「緊急!『相続税は我が家に無関係』と思っていた方へ」
9月23日(火) 「エンディングノートの書き方セミナー」
ご興味ある方は、0120−492−111へお問合せをどうぞ。
当日お会いできるとうれしく思います。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ