大増税の年がはじまる

税務担当の佐藤絵里子です

早いもので、新しい年のスタートですね。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
さて、いよいよ、相続税の新制度、
つまり相続税増税の時代が始まりました。
ここでは、私と母の(一風変わった?)対談形式で、
相続税の増税についてお伝えします。

大増税のポイントとなる基礎控除とは?

母 
「相続税が増えるって新聞やニュースでやってるけど、
そもそも、相続税って、全員が納めるものじゃないの??」

 

絵里子
「そんなことはないよ。相続税って、
亡くなった人の財産に対して課される税金なの。
でも、財産全体に課税されるわけじゃなくって、
財産全体のうち、一定額を超えた部分について課税される仕組みなんだよ。
だから、財産が一定額を超えなきゃ相続税を納める必要はないの。」

 


「そうなんだ!じゃあ、相続税を払う人は、今どれくらいいるの??」

絵里子
「平成25年の統計だと、
全国で亡くなった人の4.3%。関東圏だけだと、
亡くなった人 の7.4%だったって。 関東圏は地価も高いしね。」

 


「へぇ、意外に少なかったんだね。 うちは相続税かかるのかしら??
さっき言ってた『一定額』っていくら??」

 

絵里子
「この『一定額』っていうのが、『基礎控除』って言われるものでね・・・」

 


「あ!知ってる! その基基礎控除が今年から下がるんだよね!」

 

絵里子
「そう!基礎控除は、 平成26年までは、
『5000万円+1000万円×相続人の数』
っていう計算式だったの。
これが、今年から、『3000万円+600万円×相続人の数』
に変わったの。
だから、増税なんだよ。」

 


「なるほど。 基礎控除が6割に下がるんだね。
えーーっと、 うちだと、お父さん(夫)が亡くなったら、
相続人は私と子供3人の合わせて4人。
基礎控除は、
今までなら5000万円+1000万円×4人で9000万円だったんだね。
これが、
3000万円+600万円×4人で54 00万円になるってわけだ。」

絵里子
「お母さん、お父さんより長生きする気満々だね(苦笑)
そう、お父さんの財産が5400万円を超えたら、
相続税がかかるってこと。」

 

母 「そっかぁ。うちは子供3人いるけど、
子供が少ない家庭は基礎控除も少ないんだ。
確かに相続税かかる人、多くなるね。」

 

絵里子
「そうだね。それに都市部だと地価も高いから、
1戸建ての自宅を持ってたら、
相続税がかかっても不思議じゃないよね。」

新制度は、今年以降に亡くなった方に 適用されます

母 
「ところで、今年からって何で判断するの??
人が亡くなった日?税務署へ申告書を出した日?」

 

絵里子
「『相続が開始した日』
つまり、人が亡くなった日が平成27年1月1日以降だと、
この新制度になるんだよ。 税務署へ申告した日は関係ないよ。」

相続税対策の第一歩は、 「現状を把握すること」


「よく、
『相続税対策でアパートを建てる』
とかって聞くけど、
あれってほんとうにいいの?」

 

絵里子
「確かに、アパートを建てれば相続税は下がるよ。
でも、大切なのは、まず
『今、相続が起きたら、相続税がいくらかかるか』
をちゃんと把握すること。

 

『相続税対策といってアパートを建てたけど、
そもそも、はじめから相続税なんてかからない人だった』
なんて話もあるんだから!」

 


「えーー!?そりゃぁ本末転倒だ!!」

 

絵里子
「ね。ちゃんと現状を把握しないとね。
それに、何億も財産がある資産家なら、
アパート建てたりっていうダイナミックな節税も効果的だけど、
普通の家なら、地道にコツコツ生前贈与するとか、
きちんと生命保険に入るとか、
それだけでも十分節税できるよ。」

 

母 
「うちはそっちだね(笑) よーし!まずは、
お父さんの財産を洗いざらい書き出してみるぞー!」

 

絵里子
「お母さん、お父さんが不審な目でこっち見てる!
相続税対策も夫婦で仲良く、ね(笑)」

おまけ?  佐藤家の年越しの過ごし方

皆さまは、どのような年越しを過ごされましたか?
「娘が孫を連れて帰ってきたから、てんやわんやだったわよ〜!」
「正月はやっぱり、寝正月!ぐうたらのんびり過ごしたよ」
なんて、いろいろなお声が聞こえてきそうですね。

 

私はというと・・・ 急きょ、

「のんびり温泉宿で年越ししようか♪」
なんて主人と盛り上がり、
さっそくお宿を調べてみたところ、そのハイシーズン価格に目が点。。。
暗黙の了解で、この計画は
「なかったこと」
になりました(笑)

 

結局、自宅で普通に過ごしましたが、
この「普通」に過ごせたこともまた、
ありがたいことだと思います。(思うようにします?)

おまけ? 「ふるさと納税」を行った方は 確定申告をお忘れなく!

昨年7月号でご案内した
「ふるさと納税」。

実践した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

昨年「ふるさと納税」を行った方は、
今年の3月15日までに確定申告が必要です。
お忘れなく!!

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ