HOME > 生前にできること > 遺言書の書き方

遺言書の書き方

ここでは、遺言書の書き方について、少しお話ししたいと思います。

最初にお断りしておきますが、ここで細かいことを書こうと思うと、

とてつもなく文章が長くなり、内容も難しくなってしまいます。

ここでは基本的な情報のみご紹介しますので、参考にしていただけましたら、幸いです。

どんなときに書けばいい?

  • 自分の遺志をきちんと伝えたいとき
  • 子供がいないとき
  • 結婚を2回以上しているとき
  • 子供が先に亡くなっているとき
  • 平等でない相続をさせたいとき
  • 子供や妻や夫が行方不明のとき
  • 相続をさせたくない人がいるとき
  • 孫や兄弟姉妹に相続させたいとき
  • 愛人がいるとき
  • 後継者を決めておきたいとき
  • お世話になった人に遺贈したいとき
  • 寄付したいとき

など

 

財産があるとかないとかは、関係 ありません。

自分の遺志をきちんと伝えることが大切だと思います。

残された家族や身内が困らないようにしたいと考える方はみなさん、

遺言書をお作りになることをおすすめします。

遺言書の種類

遺言書には大きくわけて7つの方法があります。

 

  1. 公正証書遺言
  2. 自筆証書遺言
  3. 秘密証書遺言
  4. 一般危急時遺言
  5. 難船危急時遺言
  6. 伝染病隔離者遺言
  7. 在船者遺言

 

難しい名前が並んでいますが、主に作られるのは、上の3つです。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ