HOME > 生前にできること > 自筆証書遺言

自筆証書遺言

自筆証書遺言のメリット・デメリット

自筆証書遺言は、自分で書いて作成する遺言書のことです。

いつでもどこでも書くことができるほか、訂正も簡単で、秘密も守られます。

しかし、その簡単さが後日、争いの可能性を高めるリスクにもなります。

ページの先頭へ

自筆証書遺言のメリット

  1. 比較的簡単に作成できる
  2. 費用がほとんどかからない
ページの先頭へ

自筆証書遺言のデメリット

  1. 全部自分で書かなければならない
  2. 偽造されやすい
  3. 相続人の中で不都合な人に見つかれば隠される可能性がある
  4. 争いになりやすい
  5. 無効になる可能性がある(書き方や内容に不備がある場合)
  6. 検認が必要
ページの先頭へ

よくある質問

  • ワープロでも作成できるのですか?

いいえ、ワープロでは作成できません。自筆で書かなければなりません。

 

  • 鉛筆で書いて複写(コピー)したものは有効ですか?

基本的には、複写は認められないとされています。

 

  • 平成16年7月吉日などの日付の書き方は有効ですか?

いいえ、無効です。日付は正確に確実に書く必要があります。

 

  • 苗字を書かずに名前だけ記載したものは有効ですか?

遺言の内容から遺言者を特定できれば有効とされています。

ただし、特定できななければ無効ですから、

しっかりとフルネームで書くことをおすすめします。

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ