HOME > 相続かわら版 > 遺言・エンディングノートについて > エンディングノートを残す意義

エンディングノートを残す意義

エンディングノートって何のためにある?遺言との違いは・・・?

エンディングノートについて、
私なりの理解を紹介させていただきます。 

エンディングノートをまだ準備されていない方は、
こちらで、エンディングノートを手にできます。 

時間とお金なら無制限にある!

こういう方、このホームページをご覧いただいている方の中に、
何人くらいいらっしゃるでしょうか?

 

もしいらっしゃったら、
ぜひ、
いますぐ、フリーダイヤル0120-492-111(当センターの番号)まで
お電話いただけると助かります。

 

後日、
あいさつと、名刺交換させてください(笑) 

京都観光に行ったとご想像してくださいますか

ほとんどの方は、
限られた時間と、
限られた予算で、
京都を観光されると思います。

 

こんな状況の中、
タクシーをひろって、
「適当に回って」
と伝えたとしたら・・・

 

運転手はいったいどうするでしょう? 

「京都を適当に回って」と言われた運転手は?

「できるだけ長い時間をかけて」
「できるだけ遠くへ」
タクシーを運転していくかもしれません。

 

あなたら、
これで、時間と予算の限られている京都観光、
満足できるでしょうか?

 

満足できるかもしれないし、 

満足できないかもれません。

「いわば、ばくちです!!!」

人生の最終章を「ばくち」としないために

エンディングノートを活用すると、
・人生の棚卸ができ、これからの人生計画が自然とできあがります。
・これからの人生を豊かに過ごす、道しるべを手にできるようになります。 
・そのうえ、家族からも感謝されるようになります。

 

エンディングノートを書くことで、
人生どういうルートで、
どんな風に、何にお金をかけて、
どの程度の時間を費やすのか、
自分の中で腑に落ちてくるのです。 

 

結果、
人生の終活がばくちでなく、
自分自身で満足のいく人生の最終章を送れることと信じています。 

「わからないことをたずねたい」
「うちの家族の場合はどうなんだろう?」

など、相続のことで何か気になる方は、
いつでも、お気軽にご相談をどうぞ

相続についての相談を当センターは無料で行っています。
また、相談のあと、相続事前調査も一定の範囲を無料で行っています。
もちろん、無料相談や相続事前調査をご利用の上、信頼していただき、
私たちに相続の手続をおまかせいただければうれしく思います。

 

とはいえ、
実際には無料の相談をご利用になって、
手続きのご依頼のない方もたくさんいらっしゃいます。
当センターとしては、それでもかまわないと考えています。
「相続手続支援センター藤沢駅前」という存在を知っていただくことが、
とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問い合わせだけでもされてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、
「相続手続の専門家が自社のことを言っているんだから・・」
と思われる方もいるかもしれません。
それでも、相続手続支援センター藤沢駅前の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ