HOME > 相続かわら版 > 遺言・エンディングノートについて

遺言・エンディングノートについて

終活ということばがあります。
人生の最終章豊かにするために活動と、
私たちは考えています。

 

一般的には、
人生の最後に向けての準備という意味で使われることもあるようです。 
遺言をかく、エンディングノートを整える。
贈与などをして、相続税の節税の対策を立てる。
生命保険に加入して、家族の将来の負担を軽くする。

などです。

 

もちろん、これらは、とっても大事なことで、
終活のひとつであると私たちも考えています。

 

その一方、
これらは、残された家族のためにという視点のように見えるのです。
わたしたちは、
終活をする方が、自分の人生をどうやって豊かにするかを考えるのが、
最初だと思っています。

 

その上で、
家族のことを考え、結果的にそれをすることで、
自分の心も豊かになるという循環を生むのではないかと信じています。

 

追伸

「わからないことがある」「個別のアドバイスがほしい」

などとおっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

相談は無料で行っています。

無料相談をご利用になり、信頼していただき、

結果として手続をおまかせいただければ幸いですが、

実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。

当センターとしては、それでもかまわないと考えています。

「相続手続支援センター横浜駅前」という存在を知っていただくことが、

とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「業者のいうことだから・・」と思われる方も

いるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター横浜駅前の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ