成年後見人と最高裁判所のこと

成年後見人についての記事と文書について思うこと。

新聞記事になった成年後見と親族のこと

3月の新聞で次のような記事がでました。
「成年後見人には親族がなることが望ましい」と、最高裁判所が家庭裁判所に通知した。
これはどういう意味でしょうか?
“成年後見人と最高裁判所のこと” の詳細は »

贈与と相続の大きなちがい

財産を年長の方が次の世代に引き継がせる方法として、贈与と相続があります。
ここでいう贈与というのは、自分の元気なうちに財産をタダであげることです。
ここでいう相続のというのは、自分が亡くなった後に、財産が相続人に引き継がれることです。
“贈与と相続の大きなちがい” の詳細は »

一筆箋と相続のことで自問自答です

季節に合った一筆箋を相続手続きの依頼者さまへの郵便にいれようとかんがえました。

最近、自問自答したことがあります。
わたしは、一筆箋をよくつかいます。
お取引先や相続手続きのご依頼者さまなどへの郵便に、
一筆箋を書いて入れるようにしています。
“一筆箋と相続のことで自問自答です” の詳細は »

おめでた婚と相続と戸籍のこと

戸籍を相続の手続きに際して解読すると、昔の結婚事情を知ることになります。

できちゃった婚という言葉があります。
ご存知の方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
女性が妊娠をして、
それを知ってからお腹の子の父になる男性と結婚をすることですね。
“おめでた婚と相続と戸籍のこと” の詳細は »

« 過去の記事
 

気軽に相続手続支援センターに相談をどうぞ

お身内をなくされいろんな思いに気持ちが揺れる時期だと思います。相続の手続きのご負担は専門家に任せることで軽くできます。