HOME > 家族信託ってなに?

家族信託ってなに?

そもそも、信託とはなに?

信託とは、ひとことでいうと、
自分の財産を預けることです。
言い換えると、信じて託すことです。

 

だから、「信託」といいます。

 

財産を預けるときに、預ける人は下のことをきめます。

  • どの財産をあずけるのか
  • 預ける目的
  • 管理の仕方
  • 使い方

信託の種類

信託には、「商事信託」と「民事信託」があります。

 

ちがいは、あずける相手です。
あずける相手が利益を上げることを目的とした団体なら、「商事信託」になります。
信託銀行にあずけるのはその代表です。

 

あずける相手がそれ以外だと、「民事信託」です。
商事信託と民事信託は法律用語です。
法律に出てくる言葉ではないですが、
家族に預ける信託のことを、「家族信託」と呼ばれています。

あずけた財産の使い方と管理の方法をどう決める?

自分の財産を預ける人は、預けるときに、預ける財産について、
この使い方と管理の方法をきめます。

 

これを、預ける人はいかようにも決めることができます。
ただし、信託は契約ごとなので、預かる人の同意を要します。

信託を使うと何ができる?

信託という仕組みをつかうと、自分が財産を「管理する」「使う」ことを、
できなくなってしまったときの備えになります。

 

たとえば、
1 認知症になったとき
2 足腰を悪くして動けなくなった時
3 亡くなった後
です。

 

これらのときに、
自分の財産をどのように使うのか、管理するのかを、
自分が元気な時に決めておくことができます。

追伸

「わからないことがある」「個別のアドバイスがほしい」

などとおっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

相談は無料で行っています。

無料相談をご利用になり、信頼していただき、

結果として手続をおまかせいただければ幸いですが、

実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。

当センターとしては、それでもかまわないと考えています。

「相続手続支援センター横浜駅前」という存在を知っていただくことが、

とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「業者のいうことだから・・」と思われる方も

いるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター横浜駅前の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ