HOME > 相続の諸手続一覧 > 身分証明書

身分証明書(社員証)

被相続人の勤務先へ速やかに返却

相続放棄をしなくて済んだ事例の紹介

小林信夫さんの息子の洋二さんは雑貨店の店主をしていました。
洋二さんは15年以上もお店をやっていて、
洋二さんの明るい性格もあって繁盛していたそうです。

 

そんなある日、
信夫さんは、病気で息子の洋二さんに先立たれました。
洋二さんは結婚しておらず、相続人は信夫さんだけです。
相続財産を確認してみると、預金などの、プラスの財産は、
ほとんどありませんでした。
それどころか、
銀行の借金と消費者金融の借金、あわせて、
2500万の負債があったのです。

 

信夫さんは年金だけで生活をしていて、
とても借金を返済できないと思い、
お店を閉めて、自宅を売却する手続きを始めていたのでした。

 

それを見かねた信夫さんの長女、ゆかりさんが、
当センターに相談に来られました。

 

後日税理士を交えて確認をしたところ、
お店の収益は悪くなく、今の売上をいじできるのであれば借入の返済できる状況でした。
それを知った信夫さんはお店を引き継ぐことに決めました。

 

さらに司法書士が、借金の調査をすると、
消費者金融の借金は0円になり、
消費者金融に払いすぎたお金を請求できる事もわかりました。

 

消費者金融からの借金は、相続人からでも、
過払いの請求ができます。
安易に相続放棄をせず、
相続の専門家に相談すること重要です。

 

結果的に、相続放棄も、自宅の売却もせずに、
相続手続きを終えることが出来ました。
信夫さんは今でも、はりきってお店の経営に、
取り組まれています。

追伸

「わからないことがある」「個別のアドバイスがほしい」

などとおっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

相談は無料で行っています。

無料相談をご利用になり、信頼していただき、

結果として手続をおまかせいただければ幸いですが、

実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。

当センターとしては、それでもかまわないと考えています。

「相続手続支援センター横浜駅前」という存在を知っていただくことが、

とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「業者のいうことだから・・」と思われる方も

いるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター横浜駅前の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ