HOME > 相続の諸手続一覧 > 健康保険証

健康保険証

被相続人の勤務先へ速やかに返却

ひとりだけの相続人のはずが26人になったご相談のこと

被相続人 田中隆さん(被相続人、佳代子さんの父)
関係者  田中佳代子さん(相続人 隆さんの子)
     田中一郎さん (被相続人の父、佳代子さんの祖父)
     田中花子さん (被相続人の母、佳代子さんの祖母)

相続人が一人だけのはずでした

佳代子さんは当センターにお父様の隆さんを亡くされた後、
しばらくしてお越しくださいました。
佳代子さんは家の建て替えを検討していらっしゃり、そのために必要になる土地の、
名義変更を取り急ぎで行いたいとお考えです。

 

当センターが相続事前調査を行うと、土地の名義はまだ佳代子さんの、
御祖父さんである、一郎さんの名義になったままでした。

 

相続人について、佳代子さんはこうお話くださいました。
「父の隆は一人っ子でした。私もひとりっ子です。祖父の名義でも、
相続に関係するのは私だけのはずです。」

26名の相続人が登場

戸籍を確認すると、佳代子さんの知らない事実がわかってきました。
佳代子さんのお父さまである隆さんは、
隆さんの父・一郎さんとある女性との間に生まれた婚姻外の子だったのです。
隆さんは、一郎さんに認知されていました。

 

その後、一郎さんは隆さんをつれ、佳代子さんのおばあさんにあたる、
花子さんと結婚しました。
花子さんと隆さんは養子縁組をしていません。
また、二人の間にお子様はいません。
この状況のまま、一郎さんが亡くなられ、その後、花子さんも亡くなられました。

 

一郎さんが亡くなった時点で、一郎さんの相続人は、
子どもである隆さんと妻の花子さんです。
花子さんが亡くなった時、花子さんの相続人は、花子さんの兄弟でした。
花子さんに子どもがなく、花子さんの親はすでに他界されていたからです。

 

この花子さんの相続人の内、何名の方はすでにお亡くなりで、
花子さんの相続人の相続人が花子さんの遺産を受け継ぐ権利を持つ人になっています。
戸籍で関係者をすべて調べると、花子さんの遺産を相続している人は、26人になっていました。

 

中には認知症の方もいたので、
成年後見人の手続を行いました。
連絡をとれないかたもいたため、家庭裁判所で調停の手続をとることになりました。

 

相続手続支援センターと司法書士らが協力しながら手続をすすめ、
なんとか、自宅の名義を佳代子さんに変更することができました。

追伸

「わからないことがある」「個別のアドバイスがほしい」

などとおっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

相談は無料で行っています。

無料相談をご利用になり、信頼していただき、

結果として手続をおまかせいただければ幸いですが、

実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。

当センターとしては、それでもかまわないと考えています。

「相続手続支援センター横浜駅前」という存在を知っていただくことが、

とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「業者のいうことだから・・」と思われる方も

いるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター横浜駅前の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ