HOME > ご相談事例 > 未支給年金の請求を!

未支給年金の請求を!

事例4 未支給年金は忘れずに請求を!

K様からは、未支給年金について、質問を受けました。

未支給年金についてお話ししますと、
まず一般的に、年金は、偶数月(2・4・6・8・10・12月)に、
それぞれの前月までの2ヶ月分が振り込まれます。
2月には12月分と1月分、4月には2月分と3月分、6月には4月分と5月分、
という具合です。

 

たとえば、3月10日にご主人を亡くされたK様の場合、
3月分の年金はまるまる受け取る資格があります。

ところが、この分の年金が振り込まれるのは4月。

 

この時点ですでにK様のご主人は亡くなられていますから、
ここに未支給の年金(この場合、2月の振込みを最後に、
2月分と3月分)が残ることになります。

この未支給年金は、遺族が請求することにより、きちんと受け取れます。

2ヶ月分となると、毎月8万円だとして16万円。

 

これはとても大きいですね。

K様は早速、年金事務所に請求手続をしに行きました。

ページの先頭へ
追伸

「わからないことがある」「個別のアドバイスがほしい」

などとおっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

相談は無料で行っています。

無料相談をご利用になり、信頼していただき、

結果として手続をおまかせいただければ幸いですが、

実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。

当センターとしては、それでもかまわないと考えています。

「相続手続支援センター横浜駅前」という存在を知っていただくことが、

とても大事だと思うからです。

 

まずは、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「業者のいうことだから・・」と思われる方も

いるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター横浜駅前の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

ページの先頭へ